二楽園の歴史

二楽園創業80周年記念誌『The Nirakuen Chronicle』
Chronicle(クロニクル)=記録。年代記。編年史 「二楽園の歴史物語」といった意味です。

80_01
>> 80周年記念誌を読む(8.4MB)

 

二楽園 90年の歩み

大正12年創業者・奥谷奥之助が、神戸市東灘区岡本に「二楽園」を設立。
米国式の大温室を建て、カーネーション、バラ、洋ラン、トマト、マスクメロンなどを栽培。
昭和16年 奥谷奥之助が53歳で急逝。奥谷惟之が二代目園主として「二楽園」を引き継ぐ。
昭和20年 神戸大空襲で、大温室は大破。終戦後、再建に奔走する。
昭和21年 進駐軍のPX(購買部・現在の神戸大丸)で園芸栽培品を販売し、小売業のスタートを切る。
昭和23年二楽園種苗園芸株式会社を設立(資本金195,000円)
昭和25年 造園部と貸鉢部を開設し、造園事業やインドアグリーン事業の基礎を築く。
昭和30年 兵庫県、神戸市、西宮市などから造園・土木工事の発注をいただくようになり、官公庁の
造園諸工事分野にも事業を拡張する。
昭和34年 社名を二楽園綜合園芸株式会社に改称する。
昭和42年 資本金を260万円に増資。
昭和52年 資本金を1,300万円に増資。
昭和55年 芦屋店・パフィオ DE ニラク オープン。
昭和63年 資本金を2,600万円に増資。
平成10年  阪神事業本部を開設し、造園事業部門を拡充する。 
同   年 奥谷惟之が取締役会長に就任、奥谷信秀が代表取締役に就任。
平成12年本社ビルが竣工、本店もリニューアルオープンする。
平成15年 資本金を4,976万円に増資。
平成24年 ニラクエン甲南山手店 ニラクエン北神戸店オープン。
平成25年 二楽園綜合園芸株式会社 創業90年を迎える。
平成25年 社名を株式会社二楽園に改称する。